リボ払い 借金地獄

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

借金問題の相談に多いリボ払い設定での借金地獄

借金問題の相談で多い事例としては、リボ払いで借金地獄に陥っている多重債務者が多く見受けられます。

 

消費者金融や銀行系カードローンではリボ払いを推奨されていますし、クレジットカードのキャッシング機能も、リボ払いを勧めてくる会社が多いですね。

 

このリボ払いというのは正式にはリボルビング払いといいますが、借入金額に関わらず一定の金額しか返済しなくて良いという支払い方法ですので、毎月の支払金額が少ない設定のまま新たな借り入れを行うことが可能になります。

 

しかし金利の設定がリボ払いの場合高めに設定されている事や、支払金額が毎月安いという事で、借入限度額一杯まで借金を重ねてしまい、気付いた時には毎月の支払いでは借入金額がナカナカ減らず、支払いが苦しくなると更に新たな消費者金融などでキャッシングして返済するという多重債務に陥りがちです。

 

確かに、借入金額を返済するのに長期間で毎月安い返済というのは魅力ですが、借金の元本がナカナカ減らず、自分の経済力以上の借り入れをしてしまう恐れがあることは十分に意識しておきましょう。

 

そうすることで、リボ払いでの借金地獄に陥るリスクは少しでも軽減されるはずです。

 

クレジットカードのリボルビング払いで元金が減らない事例

 

クレジットカードのキャッシングを利用して借金する場合以外でも、ショッピング枠での買い物をしてリボ払いに設定すると同じ事がおこり、返済額を毎月少ない代わりに元金が減らず借金地獄に陥ります。

 

キャッシングで現金を借り入れることには心理的抵抗がある人でも、飲食代や洋服などの買い物時に欲に勝てず、ついついリボ払いで高額な買い物をしてしまうというケースが目立ちます。

 

クレジットカード会社によってリボルビング払いの種類が違いますが、そもそもリボ払いに複数の金利計算方法があること自体知らなかったという人も多く、契約時に手数料や金利を正確に把握しないまま申し込んでいる人が殆どです。

 

条件を知らないままリボ払いで買い物しているので、返済計画も立てようがありませんし、返済期間がどれくらい掛かって、毎月の返済金額がいくらで、金利手数料がいくらになるかを考えてクレジットカードを使用している人が少ないのです。

 

ひどい人になると、クレジットカードの残高すらチェックしていないカード利用者もいて、買い物をしようとクレジットカードを出したら限度額が一杯で使用できなかったという声もよく聞きます。

 

限度額一杯になってしまうと、毎月の支払いで元金が減らない為にクレジットカードの残高が戻らず、一括返済しないとそれ以降利用できる様になるまでに時間がかかります。

 

申込時に自動リボ払いに設定されているクレジット会社もある

 

クレジット会社によっては申込時に自動でリボルビング払いに設定されていて、知らずに使っているといつの間にか限度額一杯になっていてやっと気付いたという場合があり、しっかりと契約内容を確認していなかったという事と、契約時にわかりにくいという問題点が指摘されています。

 

最近では楽天銀行カードでもそういった声が多いのですが、契約段階でしっかりと支払い方法を確認するほか、リボルビング払いの種類についても確認しておきましょう。

 

また、リボ払いには以下の様に3つの種類がありますが、カード会社によってあらかじめ決められているのが殆どですので、どの種類のリボ払いなのかもチェックしておくことが重要です。

 

リボルビング払いの種類

 

定額支払い方式

 

元利定額リボルビング方式

 

定額支払いの中でも、元利定額リボルビング方式は毎月一定額決められた金額を支払い、その支払金額の中に利息が含まれていて差額が元金返済分となる支払い方法です。

 

元利定額リボルビング方式の計算例

 

借入金 20万円
実質年利 18%
支払い定額 1万円
支払い回数 24回
金利 38,887円
総支払額 238,887円

 

元金定額リボルビング方式

 

定額支払いの中でも、元金定額リボルビング方式は、毎月決められた元金返済を行い、それにプラスして利息分を支払うという支払い方法です。こちらの方が、

 

元金定額リボルビング方式の計算例

 

借入金 20万円
実質年利 18%
支払い定額 1万円〜12,956円(毎月利息分が変動し回数を追う毎に少なくなっていく)
支払い回数 20回
金利 31,069円
総支払額 231,069円

 

定率方式支払い方式

 

毎月一定の利率をかけて返済する方法で、支払期間が長くなるほど毎月の支払い額が少なくなります。

 

元金定率リボルビング方式の計算例

 

借入金 20万円
実質年利 18%
一定割合 3%
毎月の支払い金額 2030円〜8959円(毎月変動し回数を追う毎に少なくなっていく)
支払い回数 34回
金利 50,804円
総支払額 250,804円

 

残高スライド支払い方式

 

毎月の借入残高に対して返済金額が変動する支払い方式です。

 

残高スライドリボルビング方式の計算例

 

借入金 20万円
実質年利 18%
毎月の支払い金額 876円〜8000円(毎月変動し回数を追う毎に少なくなっていく)
支払い回数 49回
金利 64,876円
総支払額 264,876円

 

 

このように、同じ借入金額、同じ実質年利での契約だったとしても、リボルビング払いの種類によって返済期間も支払い金利も毎月の支払い金額も大きく違うため、クレジットカードやカードローンの契約時には、しっかりとチェックしておくことをオススメします。

 

とくに、毎月の支払金額を減らしたいからと、残高スライドリボルビング方式のクレジットカード会社などを選ぶと、限度額に届く頃には何十年と完済にまでかかる借金地獄に陥ります。

 

どうしてもリボ払いにしたい場合は、出来るだけ元金定額リボルビング方式のローン会社を選ぶようにして、計画的に返済できる金額以上借り入れない様にすることが重要です。

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

借金問題の相談に多い事例 | 借金返済方法ナビ記事一覧

借金問題には様々な理由がありますが、その中でもギャンブルをするために借金をしてしまう人も多いです。そこでギャンブルで借金をしてしまう人はどのような人なのでしょうか?またしてしまった借金はどのようにすればいいのでしょうか?ギャンブルで借金をする人の特徴ギャンブルで借金をする人の特徴として以下があげられます。負けず嫌いな人  負けず嫌いな人はギャンブルをする場合において負けを認めることができないので自...

クレジットカードを利用しての支払い方法の一つにリボ払いがあります。これは毎月一定の決められた額だけ返済すればいいというもので、たくさん利用した場合でもあまり返済のことを気にする必要がないので、利用しやすいようにも思えます。しかし借金問題を抱える人の多くにリボ払いの方法を選択して支払い地獄に陥ってしまい、多重債務の道へと歩むことになってしまいます。リボ払いの恐ろしさリボ払いの方法で返済をすると借金が...

借金をしても決められたとおりに返済をすれば問題ないのですが、リボ払いで借金地獄に陥るとすぐに限度額一杯になり、かつ元金がナカナカ減らないので長期間に渡って支払い続けなければなりません。毎月ギリギリの返済生活を続けていると、支払いが滞ってしまうことが出てきて、支払いのためにまた新たな借金を作る多重債務に陥ります。借金問題として、滞納してしまった場合はどのようになってしまうのでしょうか?滞納した場合の...

多額の借金で返済が厳しい場合、債務整理の手続きをするかおまとめローンを利用した方がイイか、迷っている方も多いですね。借金問題の解決法として債務整理とおまとめローンのどちらを利用すればいいのか見ていきましょう。審査が通るのであればおまとめローンは検討すべき借金問題を解決することができた場合においても、その後の生活も多くの人にとっては大事であると言えますが、解決後のことを考えるとおまとめローンのほうが...

借金問題を抱えた人がしょうがなしに借入を選ぶヤミ金がありますが、この機関は他とは違い、正規に金融登録をしないで、違法な条件で貸付や取立てを行っています。そのため銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借りることができない場合においてもヤミ金には手を出さないほうがいいでしょう。ヤミ金に手を出す危険性についてヤミ金は他の金融機関のように審査をすることなく、貸してくれるのですが、貸付の条件は利息はトイチ(...

借金問題になやみ、苦しんでいると、踏み倒すことが可能であればやってしまいたいと思う人も多いでしょう。そこで借金をした場合に踏み倒す方法としてどのような方法があるのでしょうか?また踏み倒すことができた場合において何か不都合はあるのでしょうか?時効まで逃げ切り消滅時効を主張する借金も債権の一つなので、一定の期間債権者が権利を行使しないと消滅時効にかかるので、債務者側はこれを主張することによって借金を返...

大学生の時に学生ローンの利用がきっかけでした地元を離れ、上京した大学1年の春。一人暮らしの生活はとても新鮮で楽しいものでした。親からの仕送りもありましたが、やはりそれだけでは厳しいのでバイトしながら学生生活を送っていました。やはり大学生活というものはとても楽しく、まさに青春時代というものだなと今、思い出してもその頃は輝いて見えます。そんな生活を送るのに欠かせないのが、友達との旅行や飲み会など。バイ...

優雅な奥様生活から一転かつて、私の夫はかなり周囲から羨ましがられるような高給取りでした。この不景気のご時世、私にとっても自慢の夫で悠々と奥様生活を送っていました。しかし、子どもが小学生に入る頃、私には何の相談もなく、急に夫がこれまでの仕事をやめ、昔からの夢だったと言いはって転職してしまったのです。これにより、夫の収入は激減。もちろん、慎ましやかな生活なら送っていけれる金額ではありましたがこれまで奥...