家族 内緒 債務整理

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

家族に内緒で債務整理できますか?

債務整理のデメリットはご説明しましたが、借金問題を解決したいと思っても家族に債務整理する事がバレてしまうと言うのもデメリットですね。

 

借金の返済に困っているヒトの中にも、できるだけ家族に内緒で手続きをしたいと考えている人が多いです。

 

手続きをしていることが家族に知られてしまうと心配をかけてしまったり、信用を失ってしまったりするからですね。

 

そこで家族に内緒で債務整理の手続きをすることができるのでしょうか?

 

任意整理であれば家族に内緒でできます

 

債務整理の手続きにもいくつかの方法がありますが、その中でも任意整理の方法を利用すれば家族に内緒で手続きをすることができます。

 

なぜならこの方法は債権者である金融機関と直接返済額や返済条件などを交渉することによって整理する方法なので、手続きをしていることが外部に漏れてしまうことはないからです。

 

また基本的に弁護士や司法書士に手続きをお願いすることになるので、合意をした書面にやり取りなども上記の専門家がすべて代わりにやってくれます。

 

そのため書類は専門家の事務所に送られてくることになり、自宅に送られてくることはないので、家族に内緒にすることが可能です。

 

任意整理はデメリットが少ない債務整理の方法なんですね。

 

家族に内緒で債務整理の手続きをしたければ弁護士や司法書士に任意整理の方法で手続きをしてもらうのがいいでしょう。

 

家族にバレてしまう場合とはどんな時?

 

家族に内緒で債務整理の手続きをしようとしても場合によってはバレてしまう可能性もなくはありません。

 

そこでどのような場合にバレてしまうのかというとまずクレジットカードを自分名義で利用していて、なおかつ家族がそれを管理している場合です。

 

債務整理の手続きをすると信用情報機関に登録されてしまうので、クレジットカードを利用することができなくなってしまい、これがきっかけでバレてしまうことがあります。

 

また住宅や車をそろそろ購入しようとする場合においてローンを利用するために審査を受けて落ちてしまった場合もバレてしまう可能性があります。

 

また任意整理の手続きを終えて、一定の期間返済をすることになるのですが、その際にまた返済が滞ってしまうと再度金融機関から返済の催促が来るので、これによってバレてしまうことがあります。

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

関連ページ

任意整理のメリットデメリットと手続きの流れ
任意整理とは債務者が裁判所を介さないで直接債権者と交渉して返済方法や返済をする額を決めて手続きをしていく方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。
個人再生のメリットデメリットと手続きの流れ
個人再生とは裁判所に申し立てることによって、負っている債務の額を一定の限度まで減額をして、残りの債務を決められた再生計画によって債権者に分割で返済をしていく方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。
自己破産のメリットデメリットと手続きの流れ
自己破産とはどのようにしても借金を返済をすることができなくなってしまった場合において、裁判所に申し立てをすることによって、債務を免除してもらうこと方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。