個人再生 デメリット

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

個人再生のメリットデメリットと手続きの流れ

個人再生とは裁判所に申し立てることによって、負っている債務の額を一定の限度まで減額をして、残りの債務を決められた再生計画によって債権者に分割で返済をしていく方法です。

 

個人再生のメリットとデメリットについて

 

個人再生の手続きをする場合にもメリットとデメリットがありますが、それは以下のようなことがあげられます。

 

@ メリット

 

・この手続きは住宅ローンを利用してマイホームを所有している場合において、一定の条件を満たすことによって、住宅ローンの債務を除外して手続きをすることができるので、マイホームをそのまま維持することができます。
・自己破産の手続きをすると一定の職業に就けなくなってしまうことになるのですが、個人再生の場合はそのような制限はないので、安心して手続きをすることができます。

 

 

A デメリット

 

・この手続きは継続的な収入を得ている人が利用することができるので、利用することができる人が制限されてしまいます。
・任意整理の手続きと同様に一定の期間の間、信用情報機関に登録されてしまうので、借り入れをしたり、クレジットカードを利用することができなくなってしまいます。
・官報に掲載されてしまうので、自分が債務整理の手続きをしたことが他の人に知られてしまう可能性があります。

 

 

個人再生の手続きの流れ

 

@ 弁護士と面談をして申し立てに必要な書類を集めて、裁判所に個人再生の申し立てをします。

 

A 裁判所は申立書と提出された書類を見ながら審査をして、条件を満たしていれば再生手続き開始の決定をし、申立人の各債権者にその旨の通知がされます。

 

B 再生手続き開始決定の通知を受けた各債権者は一定の期間までに債権額を届け出たり、通知の記載にある債権額に異議のある場合は異議の申述をすることになります。

 

C 債権額の届出や異議の申述する期間が経過したら、今度は申立人が再生計画案を裁判所に提出します。

 

D 再生計画案を裁判所に提出した後、裁判所が判断して、一定の期間が経過すれば認可の決定が下され、その後確定をして手続きが終了することになります。

 

E 再生計画案が確定した後はその計画に従って、申立人は返済をしていくことになります。

 

借金問題の解決方法は複数あります。必ず自分に合った方法があるので、プロに無料相談することが重要です。

 

 

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

関連ページ

任意整理のメリットデメリットと手続きの流れ
任意整理とは債務者が裁判所を介さないで直接債権者と交渉して返済方法や返済をする額を決めて手続きをしていく方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。
自己破産のメリットデメリットと手続きの流れ
自己破産とはどのようにしても借金を返済をすることができなくなってしまった場合において、裁判所に申し立てをすることによって、債務を免除してもらうこと方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。
家族に内緒で債務整理できますか?
債務整理をしようとする場合にできるだけ家族に内緒で手続きをしたいと考えている人が多いですが、手続きをしていることが家族に知られてしまうと心配をかけてしまったり、信用を失ってしまったりするからですね。