任意整理 デメリット

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

任意整理のメリットとデメリットまとめ

任意整理のメリットとデメリットについて

 

債務整理の種類の1つである任意整理とは、債務者が裁判所を介さないで直接債権者と交渉して返済方法や返済をする額を決めて手続きをしていく方法です。

 

個人再生や自己破産の場合は大きな金額の借金に適している分デメリットも大きくなりますが、債務整理の中でも任意整理はデメリットが比較的少ないと言えます。

 

任意整理手続きのメリットとデメリット、詳細を以下から見ていきましょう。

 

任意整理のメリット

 

・任意整理の受任通知を弁護士や司法書士が行うと直ぐに取り立てが止まります。

 

・整理をする借金を自分で選択をすることができるので、住宅や車など自分が残したいと思う財産を残すことができます。

 

・裁判所を介さないで手続きをすることになるので、他の手続きに比べてスムースに進めることができます。

 

・長期にわたって借金をしていると過払い金が発生している可能性があるので、任意整理によってお金が戻ってくる場合があります。

 

任意整理のデメリット

 

・任意整理の手続きをすると信用情報機関に登録(いわゆるブラックリスト)をされてしまうことになるので、任意整理後5年から7年間は新たなクレジットカード・車のローンや住宅ローンの審査を通すことは出来ません。

 

指定信用情報機関に記載される期間が5年から7年ですので、その期間を過ぎると記録が消されるため、そうなると新たな借入やローンの契約ができる様になります。

 

注意点としては、過去に任意整理した同じグループの金融機関であると、信用情報機関の記録が消えても独自の金融事故情報が残ることがあり、その場合は5年から7年経っても審査に通らない可能性があります。

 

信用情報機関の種類

 

信用情報機関に載るといのは任意整理した金融事故情報が記載される事ですが、指定信用情報機関にも幾つか種類があり、金融機関の種類によって、審査時にチェックする信用情報機関にも違いがあります。

 

それぞれの指定信用情報機関は、開示請求と言って個人でも請求することにより情報を見ることができるので、任意整理後に自分のブラックリストが記載されていないかどうかを調べておくことで、クレジットカードや車のローンの審査に通るかどうかががわかります。

JICC 日本信用情報機構

 

銀行・信金・信組・農協などが情報をシェアしている信用情報機関で、ここに記載される情報を元に貸し出しの審査を行っています。

 

CIC 株式会社 シー・アイ・シー

 

信販会社が情報をシェアしている信用情報機関で、クレジットカード会社はここに記載される情報を元にカード発行やキャッシング枠の決定など審査を行っています。

 

KSC 全国銀行個人信用情報センター

 

消費者金融が情報をシェアしている信用情報機関で、ここに記載される情報を元にキャッシングやカードローンの審査を行っています。

 

任意整理の手続きの流れ

 

任意整理の手続きは以下のような流れに沿って手続きを進めていくことになります。

 

@ まず最初に自分の負っている債務の中から整理の対象となる借金を選択することになります。この際、弁護士か司法書士に相談をしてどの借金を整理すればいいのかをしっかり確認しておくことが大切であると言えます。

 

A 任意整理をする債務の対象となる債権者に対して受任通知と取引履歴の開示を請求することになります。これによって債務者は債権者から直接取立てられることがなくなり安心して生活をすることができます。

 

B その後債権者から開示された取引履歴を利息制限法の範囲内に引き直しの計算をして、正確な債務の額を確定させます。これによってどのような形で任意整理をしていけばいいのかが明確になります。また場合によっては過払い金が発生をしている場合があるので、過払い金の返還請求をすることもあります。

 

C 整理の対象となっている債務の債権者とそれぞれ返済方法や返済をする額について交渉をしていくことになります。

 

D すべての債権者との交渉が終わった場合はその決められた返済方法に従って、3年〜5年の間で返済をしていくことになります。

 

任意整理にかかる費用の相場

 

任意整理にかかる費用の相場としては、司法書士と弁護士と費用の相場に違いがあり、司法書士の方が安い価格設定になっていますが、司法書士は任意整理は140万円までしか法的に取り扱えないので、140万円を超える金額を任意整理する場合は弁護士に依頼する必要が出てきます

 

どちらに依頼する場合でも、任意整理にかかる費用は以下の4つになります。

着手金 無料相談の後、依頼が決まった時点でかかる費用です
基本料金 任意整理する相手の金融機関1社ずつにかかる費用です
減額報酬金 減額された金額に対して一定の割合をかけて出来高で支払う費用です
過払い報酬 過払い金が発生していた場合のみかかり、回収された金額に対して一定の割合を出来高で支払います

それぞれの費用相場は以下の通りです。

 

司法書士に依頼する場合

 

着手金 無料〜20000円程度
基本料金 1社につき30000円程度
減額報酬金 実際に減額した金額の0〜10%程度

 

弁護士に依頼する場合

 

着手金 無料〜40000円程度
基本料金 1社につき40000円程度
減額報酬金 実際に減額した金額の10%程度

 

任意整理を選んだ方が良い人の条件

 

債務整理の中で任意整理を選ぶべき人と、場合によっては個人再生や自己破産を選ぶべき人もいます。

 

任意整理を選んだ方が良い人としては、以下の様な条件が考えられます。

 

借入先が2社以上ある
借金総額から金利をカットした金額を60回(5年払い)で支払う事が出来る
借入期間が長く、過払い金が発生している可能性がある

 

借金問題に困ったら、プロに借金問題の無料相談をする事をオススメします。

合法的に、あなたの借金をどれくらい減らすことができるか知っていますか?

こちらを利用すると10秒で解ります → 無料!借金減額シュミレーター

関連ページ

個人再生のメリットデメリットと手続きの流れ
個人再生とは裁判所に申し立てることによって、負っている債務の額を一定の限度まで減額をして、残りの債務を決められた再生計画によって債権者に分割で返済をしていく方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。
自己破産のメリットデメリットと手続きの流れ
自己破産とはどのようにしても借金を返済をすることができなくなってしまった場合において、裁判所に申し立てをすることによって、債務を免除してもらうこと方法ですが、メリットデメリットをまずは理解しておきましょう。
家族に内緒で債務整理できますか?
債務整理をしようとする場合にできるだけ家族に内緒で手続きをしたいと考えている人が多いですが、手続きをしていることが家族に知られてしまうと心配をかけてしまったり、信用を失ってしまったりするからですね。